春風社>既刊案内紀行・エッセイ

インド・まるごと多聞典

インド・まるごと多聞典

  • 矢萩多聞/2002年3月
  • 2381円(本体)/A5判・448頁

日本の学校にさようなら。インドが僕の学校だった― コミュニケーションの秘密にふれるスリリングな対談集。そこここのコミュニケーションをおもしろく。若き芸術家が、映画監督、詩人、ミュージシャン、農夫、教師、作家など10人の気になる人たちと「生きる」について、まじめにおかしく語り合う。
(ISBN 4921146241)

推薦の言葉

字を読んでいるんだけど、顔が見える、声が聞こえる、体温を感じる、自分もその場にいるみたい。こんな生き生きした言葉、久しぶりだ。
―谷川俊太郎(詩人)

目次|indexs

浅野哲哉
牛糞からインドが分かる/ペットボトルと飲料水/デリーの空は赤かった/左手は糞、右手はカレー/日本の皆様へ。ここは美味い/タンドリーチキンとビールは邪道/インド食堂目利きの第六感/油断大敵北インド。ホッとする南インド/自分らしい旅をみつけたい/自分に戻れる国/空飛ぶ牛糞―インドはこの星の胃袋だ
次郎丸章
たまたまでじゅうぶん/最初よくわからなかったインド映画/『ウペンドラ』―暴走か独走か/東洋と西洋、古典と現代/インド映画づくりへの責任/グル・ダット―この世を燃やしてしまえ/音楽はいつもそばにあった/インスパイアの連鎖/浄水器とインターネット・カフェ/目を開けて共有できる夢
A.R.ラフマーン
わたしの挑戦/ひとりとして同じ人間はいない/いままでにない声を聴いた/祈りがなければ音楽は生まれない/一曲つくったら、気持ちはもう次の曲/インド、完全なる不完全
ウペンドラ
塩より美味いものはない/映画は私自身の子どもだから/映画の中の自分こそリアル/メンタリティは日本人と似ている/クローズド&アドバンスト・カントリー/しあわせのバランス
松沢靖
出会いから映画配給まで/四十三年ぶりのインド娯楽映画/ローカル・ローテク・ローコスト/「デカン高原」。付けたかったんですよ/僕が探したのはこれだ/マイナーだけど面白い/ガンジャよりかっ飛べる/お釈迦さまとナーガールジュナ/インドの地下を掘っていくと…/やっぱりインドはやばい
樋口薫
初めて出会った頃/布との出会い/木と出会ってつくりはじめたもの/ずっと好きであり続けることって/つまっちゃったらやめちゃう/いつもふだん着の自分でいたい/暮らしの中の着物/分からないもうひとつの答え
シルチョフ・ムサボリスキー
なにも生みださない仕事が増えてきた/子どもの空想ではなくふつうに想うこと/自分のは嘘だから基本的に価値はない/コカ・コーラをつくってみたい/料理は無条件に人を楽しませるね/いま、夢はないんだよね/話して分からないことがある/お金の使い方について/じゃ、お前なにしているんだ?/それって悲しくない?/カフェは想像の中で楽しむだけ/ぼくには夢があるんだけどなぁ/地面の上で暮らしている/学校って行かなくてもいいの?/描く前に感じることがないと/どこまでも行ける、なんでもできる/自分以外のひとも主人公
鈴木康弘・知美
その先の見えない橋へ飛びだすまで/エコロジーとエゴロジー/俺たちはやっぱり日本人だよ/カセットテープと木の十字架/仙人とか世捨て人にならない/企画屋百姓のサジ加減/染み出したいねぇ。花になりたい/自分を開くということ/人間はなにも作らない/米の神さまを残したい/ネットで人の心を開くのは難しい?/トマトを齧りながら石と話せる時間を/祖国であり素国なんだ/明日が楽しみなんて幸せ者
石井博
わからないことを増やしていく/想像することの楽しさ/本気でその言葉を言えるのか?/こいつはおもしれえやつだ/結局は人と人/いっしょにスタートボタンを押そう/子どもは考えることが好き/直にふれる/オトナは信用できないの?/コミュニケーションは空気を読む/コミュニケーションと学校/「とりあえず仲間」という意識/何を話したらいいのか分からなかった/辞めようと思ったときもある/誰もよく分からないレッテル/いのちの時間を考える/日常の隙間にもうひとつの眼/なんで「夢」は臭くなったんだろう/自分を分かって/「ゆとりの時間」のために忙しくする/インターネットとメールと文章/結局、子どもは遊びたいんです/先生はたくさん嘘をつきます/言葉と文化をもう一度学びたい/本当に感動していないと伝えられない/「いい?ダメ?」でなく「好き?嫌い?」/牛と、豚と、人間と/触れる 還る 淡々と…/夢がたくさん生まれるといいなぁ
おわりであり、はじまりであり

著者|author

矢萩多聞(やはぎ・たもん)
1980年、横浜生まれ。90年から毎年インド、ネパールを旅する。95年インスピレーションを得て、ペンによる細密画を描きはじめる。同年より毎年、横浜、銀座などで個展を開催。2000年、日印ポータルサイト「indo.to」をオープン。ウェブデザイン、企画、編集を手がける。現在、南インド・バンガロールと日本に暮らす。
矢萩多聞の世界「TAMONOLOG

 

小社に直接注文される場合は、以下の3通りの方法があります。
インターネットで
書籍詳細ページ下部にオンライン書店Amazonへのリンクがあります。その他、BK1、楽天ブックスなど各ネット書店でも取り扱いがあります。各書店の注文の手違い・発送ミスなどのトラブルに関しましては、小社は一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。
オンライン書店で「在庫切れ」と表示されている場合は、電話かFAXで小社に直接ご注文ください。
電話・FAXで
電話でご注文される場合は、045-261-3168へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」をお知らせください。
FAXでご注文される場合は、045-261-3169へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、FAXをお送りください。
  • TEL 045-261-3168 (10:00~18:00受付)
  • FAX 045-261-3169 (24時間受付)
  • 送料:無料
  • お支払い:郵便振替(手数料無料)のみ
  • お届け:注文後、通常3営業日内に発送いたします。
一般書店で
春風社の本を書店で注文する際は、「書名」「著者名」「ISBNコード」を書店員の方に正確にお伝えください。
なお、一部書籍に関しましては、在庫が切れている可能性もございます。書籍ページにて在庫の有無をご確認の上、ご注文ください。