春風社>既刊案内小説・批評

樋口一葉―物語論・言語行為論・ジェンダー

樋口一葉

  • 笹川洋子(著)/2013年3月
  • 4000円(本体)/四六判上製456頁
  • 装丁・レイアウト:矢萩多聞

物語論・言語行為論の視点を用いつつ、「花ごもり」から「われから」にいたる作品をとりあげ、女性への差別が日常的であった明治時代にあって、おどろくほど現代的なジェンダー意識をそなえていた一葉文学の謎にせまる。
(ISBN 9784861103483)
日本図書館協会選定図書

目次│indexs

はじめに―樋口一葉の生活世界
Ⅰ 物語論・言語行為論から読む樋口一葉
一 物語論・言語行為論の視座
二 物語行為論・言語行為論から読む「大つごもり」試論―少女のモラル・ジレンマ
Ⅱ 言語行為としてのジェンダーーみつめる女たち・うつむく男たち
一 「花ごもり」試論
二 「やみ夜」―意思決定に関わるジェンダー
三 「たけくらべ」―ジェンダーの構図の運動性
Ⅲ 葛藤するジェンダー―心の闇への眼差し
一 「軒もる月」をめぐる言語行為―心の「影」の世界への眼差し
二 言語行為から読む「にごりえ」試論―お力の苦悩と愛における心的二重性をめぐって
三 「十三夜」試論―ジェンダーと言語行為をめぐって
Ⅳ 行動としてのジェンダー―越境する女たち
一 「わかれ道」における身体性と言語行為の構図―反転するジェンダー
二 「裏紫」における言語行為の意味
三 「われから」におけるジェンダー観―言語行為の多層性を手がかりにして
おわりにー樋口一葉作品におけるジェンダー観の変遷

著者│author

笹川洋子(ささがわ・ようこ)
1953年生まれ。
東京大学大学院人文社会研究科社会学(B)専攻。博士課程単位取得退学。社会学修士。コミュニケーション論専攻。
現在、神戸親和女子大学文学部教授。
論文に、
「発語媒介行為の再考―日本人のコミュニケーションにおける発語媒介行為の意味」(1994)『マス・コミュニケーション研究44号』マス・コミュニケーション学会
「ジェンダーの視点からみた『花ごもり』『やみ夜』『たけくらべ』の言語行為について」(1998)『親和国文33号』神戸親和女子大学国語国文学会
などがある。

 

小社に直接注文される場合は、以下の3通りの方法があります。
インターネットで
書籍詳細ページ下部にオンライン書店Amazonへのリンクがあります。その他、BK1、楽天ブックスなど各ネット書店でも取り扱いがあります。各書店の注文の手違い・発送ミスなどのトラブルに関しましては、小社は一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。
オンライン書店で「在庫切れ」と表示されている場合は、電話かFAXで小社に直接ご注文ください。
電話・FAXで
電話でご注文される場合は、045-261-3168へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」をお知らせください。
FAXでご注文される場合は、045-261-3169へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、FAXをお送りください。
  • TEL 045-261-3168 (10:00~18:00受付)
  • FAX 045-261-3169 (24時間受付)
  • 送料:無料
  • お支払い:郵便振替(手数料無料)のみ
  • お届け:注文後、通常3営業日内に発送いたします。
一般書店で
春風社の本を書店で注文する際は、「書名」「著者名」「ISBNコード」を書店員の方に正確にお伝えください。
なお、一部書籍に関しましては、在庫が切れている可能性もございます。書籍ページにて在庫の有無をご確認の上、ご注文ください。