春風社>既刊案内紀行・エッセイ

映画はやめる―パトリス・ルコント、自作を語る

映画はやめる

  • パトリス・ルコント(著)/ユベール・プロロンジョ(聞き手)/桑原隆行(訳)/2015年3月
  • 3800円(本体)/四六判上製・500頁
  • 装丁:矢萩多聞

映画ファン必携の書。本邦初訳!
『髪結いの亭主』『橋の上の娘』そして新作『暮れ逢い』。
傑作を生み出しつづけてきた巨匠パトリス・ルコントが映画にかける思いをインタビュー形式で語る。
業界に入ったきっかけや、新たなジャンルへの意気込み、女優ヴァネッサ・パラディら共同作業者についてなど、その映画術と創作生活をふりかえる。

(ISBN 9784861104336)

★好評既刊★
ショートカットの女たち
リヴァ・ベラ
愉しみは最後に

目次よりtable des matières

初めての映画から閉め出され
スプランディッドに救われて
ミシェル・ブランと三本はない
新しいことに移るための刑事もの映画
作家の誕生
三つの成功から三つの失敗へ
一度笑いものになってもいつまでも人から馬鹿にされるわけではない
…など

著者|auteur

パトリス・ルコント(Patrice Leconte)
フランスの映画監督。『レ・ブロンゼ』、『仕立て屋の恋』など喜劇から恋愛劇、アニメーション映画まで幅広く製作。近年では小説家としても活躍している。

聞き手|interrogateur

ユベール・プロロンジョ(Hubert Prolongeau)
フランスのジャーナリストにして作家。

訳者|traducteur

桑原隆行(くわはら・りゅうこう)
福岡大学教授。著書に『フェティシズムの箱』(大学教育出版)。『ショートカットの女たち』、『リヴァ・ベラ』などルコントの小説を邦訳し、国内に紹介している。

 

 

 

 

 

小社に直接注文される場合は、以下の3通りの方法があります。
インターネットで
書籍詳細ページ下部にオンライン書店Amazonへのリンクがあります。その他、BK1、楽天ブックスなど各ネット書店でも取り扱いがあります。各書店の注文の手違い・発送ミスなどのトラブルに関しましては、小社は一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。
オンライン書店で「在庫切れ」と表示されている場合は、電話かFAXで小社に直接ご注文ください。
電話・FAXで
電話でご注文される場合は、045-261-3168へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」をお知らせください。
FAXでご注文される場合は、045-261-3169へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、FAXをお送りください。
  • TEL 045-261-3168 (10:00~18:00受付)
  • FAX 045-261-3169 (24時間受付)
  • 送料:無料
  • お支払い:郵便振替(手数料無料)のみ
  • お届け:注文後、通常3営業日内に発送いたします。
一般書店で
春風社の本を書店で注文する際は、「書名」「著者名」「ISBNコード」を書店員の方に正確にお伝えください。
なお、一部書籍に関しましては、在庫が切れている可能性もございます。書籍ページにて在庫の有無をご確認の上、ご注文ください。