春風社>既刊案内小説・批評

中世英語英文学Ⅰ―その言語・文化の特質

中世英語英文学Ⅰ

  • 菊池清明(著)/2015年3月
  • 4500円(本体)/A5判上製・288頁
  • 装丁:松田晴夫(クリエイティブ・コンセプト)

翻訳だけでは伝わらない〈音〉の魅力に着目した評論
『カンタベリー物語』『ガウェイン卿と緑の騎士』『梟とナイチンゲール』など、
14 世紀のリズミカルな英語で紡ぎだされた作品を例に、言語・文化の両面から〈音の文学〉としての魅力にふれる。
(ISBN 9784861104282)

 

目次より|indexes

第1部 文化・文学編
第1章 中世文学―その時代の諸相と特質
第2章 中世イギリス文化と「個」の意識―小説の起源を求めて
第3章 中世英語英文学、あるいはその現代性
第4章 英語史的/文体論的英詩鑑賞のすすめ
第5章 言語、あるいは文学研究のゆらぎとひろがり―ジョン・ハインズ『過去からの声:英文学と考古学』を読む
第6章 『ガウェイン卿と緑の騎士』研究の一書―鈴木榮一『サー・ガウェイン頌』を読む
第7章 マニュスクリプト・コンテクスト研究の成果と課題―Thorlac Turville-Petre, England the Nation: Language, Literature, and National Identity 1290-1340を読む
第2部 言語編
第1章 The Owl and the Nightingaleへの個別文体論的アプローチ
第2章 Sir Gawain and the Green Knightと登場人物の文体的個別性
第3章 Sir Gawain and the Green Knightにおける二人称代名詞YEとTHOUの交代移行について
第4章 中英語テクストの多様性/多義性と辞書
第5章 Sir Gawain and the Green Knightにおけるacole and kyse―clip and kysseとその異形
第6章 The Owl and the Nightingaleにおける反復
第7章 Repetitive Word Pairsの諸相
第8章 中世文学とテクスト校訂―『梟とナイチンゲール』二つのテクスト校訂

著者|author

菊池清明(きくち・きよあき)
1952年、東京都生まれ。
1982年、関西外国語大学大学院英語学専攻博士後期課程修了。
愛媛大学助教授、東京都立大学・首都大学東京教授を経て、現在、立教大学文学部教授。言語文化学博士(大阪大学)。
2003年-2004年、オックスフォード大学英文学科招聘研究員並びにオックスフォード大学ユニバーシティ・コレッジ上級客員研究員。
2012年-2013年、オックスフォード大学キャンピオン・ホール客員研究員、ハワイ大学マノア校客員研究員。

 

 

小社に直接注文される場合は、以下の3通りの方法があります。
インターネットで
書籍詳細ページ下部にオンライン書店Amazonへのリンクがあります。その他、BK1、楽天ブックスなど各ネット書店でも取り扱いがあります。各書店の注文の手違い・発送ミスなどのトラブルに関しましては、小社は一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。
オンライン書店で「在庫切れ」と表示されている場合は、電話かFAXで小社に直接ご注文ください。
電話・FAXで
電話でご注文される場合は、045-261-3168へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」をお知らせください。
FAXでご注文される場合は、045-261-3169へ。「書名」「著者名」にあわせ、「ご氏名」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、FAXをお送りください。
  • TEL 045-261-3168 (10:00~18:00受付)
  • FAX 045-261-3169 (24時間受付)
  • 送料:無料
  • お支払い:郵便振替(手数料無料)のみ
  • お届け:注文後、通常3営業日内に発送いたします。
一般書店で
春風社の本を書店で注文する際は、「書名」「著者名」「ISBNコード」を書店員の方に正確にお伝えください。
なお、一部書籍に関しましては、在庫が切れている可能性もございます。書籍ページにて在庫の有無をご確認の上、ご注文ください。