表象の京都―日本映画史における観光都市のイメージ

  • 須川まり(著)/2017年3月
  • 3000円(本体)/四六判上製400頁
  • 装丁:根本眞一(クリエイティブ・コンセプト)

細部に宿る京都を凝視する!

映画の中に現れる「表象としての京都」は、
戦後どのような変化を遂げてきたのか。
映画と観光の相関史。
(ISBN 9784861105371)

目次|indexs

第1部 映画における京都の風土
第1章 吉村公三郎が描く観光都市京都の境界線
第2部 映画における京都の観光都市化
第2章 文化・観光・京都を巡る戦後の日本映画――小津安二郎の視座
第3章 観光体験と映画観賞――中村登作品を中心に
第3部 映画における京都の都市景観
第4章 1990年代以降の映画における京都の自然景観
第5章 観光都市化がもたらした表象

◆取り上げる主な映像作品
溝口健二監督『祇園の姉妹』/小津安二郎監督『晩春』ほか
吉村公三郎監督『偽れる盛装』/木下惠介監督『カルメン故郷に帰る』
中村登監督『我が家は楽し』ほか/相米慎二監督『お引越し』
周防正行監督『舞妓はレディ』/水田伸生監督『舞妓Haaaan!!!』
松本佳奈監督『マザーウォーター』/小林達夫監督『カントリーガール』

著者|author

須川まり(すがわ・まり)
1986年生まれ。同志社大学政策学部卒業。
京都大学人間環境学研究科修士課程、博士後期課程修了。
京都大学・博士(人間環境学)学位取得。奈良県立大学特任講師。

 

春風社(しゅんぷうしゃ)は横浜にある学術書の出版社です。


よもやま日記